地域医療連携室
地域医療連携室
ホーム > 地域医療連携室
地域医療連携室とは

当院の地域医療連携室は、地域の医療機関の連携(病診・病病連携)の強化、相談業務の充実等を目的としています。地域医療の窓口として医療福祉機関(かかりつけ医の先生や 施設)と連携して紹介をいただいた患者さんの診療がスムーズに行えるよう取り組んでいます。
また、入院中の患者さん・ご家族が安心して円滑な退院及び療養生活が送れるよう支援しています。

地域医療連携室の役割

  1. 開業医からの救急対応と迅速な報告
  2. 来院時の患者状態確認と受診調整
  3. 患者さんのニーズに合わせた各医療機関への紹介
  4. 開業医との連携強化
  5. 院内・院外への医療連携啓発


医療相談窓口

当院では患者・家族からの相談に対する『相談窓口』を設置しています。病気になると療養生活を送るうえでさまざまな不安や問題が生じます。
相談窓口では、相談に来られた患者・家族の不安や悩みを聴き思いを受け止めて問題を整理し、各種制度の利用手続きや関係機関との連絡・調整を行い、問題解決のためのお手伝いをしたいと思います。看護師、ソーシャルワーカーがおりますのでお気軽にご相談ください。





かかりつけ医の大切さ

『かかりつけ医』は、患者さんの身近にあり、いつでも病気の相談を受け、そして丁寧に正確に病状を説明し、また必要なときにはふさわしい医療機関を紹介するなどの役割を担っています。
そうした『かかりつけ医』を選び、付き合っていくのは、患者さんや家族の方々です。これからの医療においては、まず患者さん自身が『命の主人公、体の責任者』であることを自覚され、そのうえでかかりつけ医を選ぶことが重要です。

患者紹介の流れ