部 門 紹 介

ホーム > 看護部 > 部門紹介
看護部の基本方針
看護部 4 階病棟

外科・泌尿器科を中心とした混合病棟です。

外科は、消化器疾患の急性期の患者さんが多く入院されます。手術や化学療法をはじめ、その後の定期的な検査の短期入院も受け入れています。手術で人工肛門造設をされた患者さんには、早期に社会復帰できるよう、認定看護師と共にストマケアの指導を行ない、退院後ストマ外来でのフォローにつなげています。

泌尿器科は、主に膀胱・前立腺疾患の患者さんが多く入院されます。

地域に根付いた病院で、なじみの患者さんも多く、ご家族の方もスタッフの顔をよく御存知で、気軽にお声を掛けてくださいます。手術や化学療法などの治療で、身体的・精神的に大きな不安を抱えている患者さんの負担が少しでも軽減できるよう、一人ひとりの声に耳を傾け看護を行なうよう心がけています。『この病院に入院してよかった』と言って頂けるよう日々努力し頑張っています。

看護部 5 階病棟

整形外科が主とした病棟です。小児から高齢な方まで、幅広い年齢の方が入院され、主に、四肢の骨折による手術や、腰部脊椎管狭搾症や椎間板ヘルニア、変形性股関節症や膝関節症などの手術が行われています。手術件数は年間480例あり、当院では一番手術が多い科です。手術適応疾患だけでなく、腰部圧迫骨折で痛みが強く、在宅での生活が困難な方の入院も多くなっています。

入院時より、患者さんの早期回復に向け、毎朝、ナースカンファレンスや月2回の医師・看護師・理学療法士・作業療法士・薬剤師・地域連携室との合同カンファレンスを行っています。患者さんの状態をいろんな職種が考え、情報を共有することで、一人ひとりの状態や退院後の生活を支援できるような看護・リハビリを行うよう努力しています。

また、患者さんにとっては病院での生活は、治療の場であると共に、生活の場でもあり、安全・安楽な快適な療養環境の提供と思いやりのあるやさしい看護の提供できるようスタッフ一同で取り組んでいます。

看護部 6 階病棟

内科病棟では、急性期及び慢性疾患、主に消化器・呼吸器疾患や、糖尿病の教育・合併症治療などを行っています。

50床ある病棟を2チームに分け、チームナーシングとプライマリー制を取り入れています。毎日実施しているケアカンファレンスでは、入院後できるだけ早期に患者さんの問題点を抽出して、どのように介入するか検討し、個別性を重視した看護が提供できるよう努めています。また、胃瘻管理や口腔ケアが必要な患者さんも多く、勉強会を開いたりカンファレンスで検討するなど、統一したケアが継続して行えるように取り組んでいます。

高齢者の方や入退院を繰り返す患者さんが多いため、患者さんはもちろん、ご家族の気持ちに寄り添うことを大切にし、検査・治療など患者さんの不安が軽減し、安心して入院生活を送っていただけるよう心がけています。

看護部 外来

外来部門は外来・救急外来・内視鏡・手術室が一体となった複合チームです。

外来とは、いわば病院の「顔」といえます。病院全体の印象が伺える場所でもあります。患者さんが病院に一歩足を踏み入れた瞬間から医療が始まります。その瞬間から患者さんには安心して身を任せていただけるように私たちはその援助を行います。安心して治療を受け、安心して帰宅していただくために最善・最良の看護を提供していくために努力しています。

外来は内科・整形外科・外科・泌尿器科を主に午前診察と午後診察を行っています。救急患者の受け入れは2次救急24時間体制です。病院は平成29年7月に新築移転しました。救急室は旧病院よりはるかに大きく充実した設備となっています。昨年度救急搬送受け入れ実績は約1500件ですが、これからはさらに多くの救急受け入れが出来るようになります。

また、単独の化学療法室も完備しており感染症対策が出来ています。長時間治療もゆったりと過ごしていたくことができます。化学療法は専従のナースでチームとなり担当制にしています。毎月のケアカンファレンスで患者さんの情報を共有し、患者さんに寄り添える看護の提供に努めています。小さなことでもご相談に関しては地域連携室を通し、一度外来にお越しください。

看護部 手術室

手術室は3室あり、用途に分けてクリーン度・広さ・内装に工夫をしています。手術は基本的に午後から行われ、外科・整形外科・泌尿器科・眼科の手術を行っています。今後一部、婦人科手術も行っていく予定です。昨年度手術実績は約1000例になります。常勤麻酔科医師1名、非常勤麻酔科医師2名と外来部門に属した手術看護師10名で手術にあたります。日本手術看護学会、その他の研修参加により日々専門職としての知識・技術を養っています。

手術は患者さんにとってこの上ない不安と恐怖を伴った治療です。手術看護師は患者さんの様々な思いに寄り添い、数時間ではありますが、少しでも安心して手術を受けられるように努めます。そして安全な手術が行えるように医師の介助を行います。手術は治療の通過点ではありますが、患者さんが笑顔で退院できるまで、私たちは患者さんの入院経過に目を向け、退院後は外来で笑顔で関わりたいと思います。

看護部 内視鏡室

内視鏡室は内視鏡技師免許取得者、取得予定者でチームとなり専門的な業務をこなします。年間を通し日本消化器内視鏡学会、近畿内視鏡学会その他の研修参加により日々専門職としての知識・技術を養っています。昨年度内視鏡実績は約2500例になります。新病院では内視鏡中待合とリカバリーを完備し大変ゆったりとしたフロアとなっています。今後さらに検査が増えても対応できるように検査室は2室としました。検査前処置も更なる高齢化に伴い自宅での準備ができない方、不安な方には病院内で安心して行っていけるようにお手伝いしていきます。

高度な内視鏡検査にも対応できるスタッフがそろっています。不安・心配なことがありましたら、一度内科を受診いただき検査の相談にお越しください。安心して検査が受けられるようにお手伝いいたします。

クラーク

私たちクラークは医療サービスを受ける患者さんと診療にあたる医師や看護師などの医療職との間の架け橋的な存在として活躍しています。医療に関わる事務作業が多いですが、患者さんやその家族の方とお話する機会もあり、患者さんの立場で対応することを心がけています。また院内研修を行い日々勉強し医師のお手伝いをさせていただいております。