リハビリテーション科

ホーム > 診療科目 > リハビリテーション科

理学療法士9名、作業療法士2名、リハビリ助手5名の総勢16名で、医師、看護師等の他職種との連携のもと、早期退院・早期改善を目標にリハビリを行っています。その際、全身状態や既往歴など様々な面の評価から疾患に応じた訓練・リスク・目標を設定し、患者さんに適した治療の提供をしています。
また、一新されたリハビリ室は全面ガラス張りの開放的な空間に生まれ変わりました。室内全体に光が差し込むことで、とても明るい気持ちとなり、運動のモチベーションが上がったと、多くの患者さんから好評を得ています。



リハビリ外来 受付時間

受付時間 開始時間 終了時間
午前   8:00   8:50 11:30
午後
午後(物理療法のみ)
13:00 13:00 16:30

※午後は物理療法のみ

リハビリ外来は予約制となっておりますが、物理療法のみの患者さんは予約の必要はございません。

理学療法・作業療法

ベッドから起き上がる、立ち上がる、歩くといった生活の基本となる動きや、トイレ、着替え、入浴など身の回りの動きを獲得して頂くため、関節を動かす運動(関節可動域運動)や筋力をつける運動(筋力増強運動)、動きを繰り返し練習(ADL練習)等の指導を行います。




物理療法

患者さんの様々な症状に合わせた治療機器(痛みを和らげる、血流循環の改善を促す等)を各種取り揃えております。

  • 施設基準

    運動器リハビリテーション料 Ⅰ

    脳血管疾患等リハビリテーション料 Ⅱ

    呼吸器リハビリテーション料 Ⅰ

    廃用症候群リハビリテーション料 Ⅱ

    がん患者リハビリテーション料

  • 院内での主な活動

    症例報告(検討)会、文献抄読会
    各1回/月
    整形外科カンファレンス
    各2回/月
    褥創回診
    4回/月
    栄養サポートチーム
    (NST:Nutrition Support Team)
    2回/月

リハビリテーション科の実績