透析センター

ホーム > 診療科目 > 透析センター

蒼生病院透析センターでは、最新の透析装置を導入するとともに厳密な水質管理を行い安全な透析を提供でできるように努めています。また、全台on-lineHD対応とすることで患者個人に合わせた透析を提供します。


透析開始時刻 8:30~14:00
  • 診療方針

    当透析センターでは、患者さんに安心して透析医療を受けて頂けるよう、最新の透析装置を導入し、清潔で安全な透析液を作成し供給しています。また、患者さんに快適に通院してご利用頂けますように、透析室だけでなく、待合室や更衣室も清潔な環境を心掛けています。


人工透析とは

腎臓の機能が低下したまま放置すると、尿素やその他の老廃物の排出がうまくいかず血液中に残ります。また体内の水分量や電解質の調節ができなくなり体調不良を来します。
腎不全が進むと、尿毒症の症状や呼吸苦、貧血、不整脈、骨格など障害を引き起こす可能性があります。そういった時に、腎臓の機能を人工的に代替する医療行為を「人工透析」といいます。


  • オンラインHDF

    透析液を直接補充液として使用する人工透析です。人本来の腎臓の働きに近く、体に優しい血液透析濾過方法です。当院の人工透析はすべて「オンライン機」を使用しています。
    また、患者さんの症状に応じて、最新のI-HDF(間歇補充型血液濾過透析)も行えます。


    水質管理

    オンラインHDFで使用する、きれいな透析液や補充液を精製するために、厳しい水質管理が必要です。当院ではエンドトキシン・細菌の混入がないか検査を毎月行い、継続的な水質維持管理を行っています。

腎臓内科外来のご案内

以下のような「腎機能低下のサイン」のある方は、当院腎臓内科外来にご相談ください。

1:尿が濁っている、泡立ちが目立つ(タンパク尿)
2:尿が褐色(血尿)
3:体のむくみ
4:トイレの回数が多い(頻尿)
5:高血圧
6:糖尿病  など


合併症の予防

毎透析時に医師が患者さんへ回診を行います。病態の変化にいち早く対応させて頂くと共に、院内各科とも連携し合併症への早期発見と対策に努めています。看護師によるフットケアをはじめとする看護ケアや、薬剤師や栄養士による各種指導など行っています。リハビリ施設は充実しており、透析患者さんにも積極的に活用して頂ければと考えています。
病状により、近隣病院の専門科への紹介もさせていただきます。


入院について

透析患者さんは骨粗鬆から骨折を起こしやすくなります。もし骨折があれば当院整形外科で入院手術の対応が可能です。入院中の透析は当科で継続させて頂きます。その他、肺炎や心不全などで入院が必要な場合も当院入院を検討します。循環器や脳の合併症に対しては、病状により、近隣病院の専門科への紹介とさせていただきます。
他施設の透析患者さんから整形外科・消化器外科・内科疾患での入院にも対応可能ですので、ご相談ください。入院中の透析継続は当科が担当します。


時間外の救急外来(内科・外科)について

当院で透析療法を受けている患者さんは原則、時間外対応いたします。他院で透析を行っている方も可能な限り対応してまいります。まずはお電話でお問い合わせください。


特殊な血液浄化

LDLアフェレーシス(LDL吸着)、白血球除去療法、血漿交換、CART(腹水濾過濃縮再静注法)
保険が適応されます。まずは一度ご相談ください。

設備のご紹介
  • 透析待合室

  • 透析室

  • 男子更衣室

  • 女子更衣室